香取神宮 下総国の一宮

香取神宮(かとりじんぐう)は、下総国(千葉県北部)の一宮(旧国地域で最も格式の高い神社)で、全国約400社の香取神社の総本社。鹿島神宮・息栖神社とともに東国三社の一社です


「神宮」と名のつく神社は今ではいくつもありますが、平安時代から伊勢の他に神宮と呼ばれたのは、鹿島神宮と香取神宮だけ。別格の格式を持ちます。また、古くは鹿島神宮とともに、大和朝廷の東国・東北開拓の前線守護の役割でした


御利益

勝運・道ひらきなど、剣の霊威の加護 香取神宮は、仕事・人生に総合的な開運力のある、千葉県最強のパワースポットです。「意を決す場所」とも言われます


御祭神:経津主大神(ふつぬしのおおかみ)

勝利の神、霊剣・布都御魂(ふつのみたま)の威力を神格化した刀剣の神。物部氏・藤原氏の氏神


パワースポット 要石

香取神宮の最重要な「心の御柱」的存在の霊石です

対となる、鹿島神宮には凹形の要石があり

香取神宮の要石は凸形です地中でつながっているとも


香取の要石は大ナマズの尾、鹿島の要石は頭を押さえているとされます


香取神宮

〒287-0017 千葉県香取市香取1697-1

0コメント

  • 1000 / 1000

あずの株投資術

株式投資好きの兼業弱小トレーダー! 基本買い豚 スイング6割 長期で1割 デイトレ3割 JCの心情・たられば・反省・自己満日記